オーストラリア産なら食べてもいい??

やはり日本はムスリムの国ではないので

"オーストラリアから日本に輸入されているほとんどの精肉はノンハラルミート”

ということがわかりました。ではここからが本題で、そのノンハラルミートを日本にいるムスリムは食べてもよいのかをまとめました。

ネットでいろいろ調べていると、ぴったりな質問を見つけました。日本にいるムスリムの方が大阪の茨城モスクのイマームに質問しています。そのサイトは英語でしたので茨城モスクへ直接連絡をしてイマームに日本語に訳していただけることになりました。(Jazak Allah Khairun,Iman Mohsen イマームモ―ゼン先生ありがとうございました。)

出典  大阪茨城モスク Questions to Imam Mohsen 

Question 1- Assalamualaikum Imam. Is the meat imported from Australia/USA Halal? I know many brothers buy this meat from COSTCO (American Sh0pping Mall) and they say its Halal because it comes fromAhl-Al-Kitab. I have to add that there is NO MENTION on the package that is Halal.
The answer:
Praise be to Allah.

Firstly:

The scholars of Islam are unanimously agreed that meat slaughtered bymushrikeen, those who worship idols and deny other religions, and all other kinds of kaafirs who are not Jews, Christians or Magians, isharaam. And they are unanimously agreed that meat slaughtered by the People of the Book, Jews and Christians, is permissible.

The evidence for that is the verse in which Allah says in His Holy Book:

“Made lawful to you this day are At Tayyibaat [all kinds of Halaal(lawful) foods, which Allaah has made lawful (meat of slaughtered eatable animals, milk products, fats, vegetables and fruits)]. The food (slaughtered cattle, eatable animals) of the people of the Scripture (Jews and Christians) is lawful to you and yours is lawful to them”

[al-Maa’idah5:5].

So Allah clearly stated that the food of the People of the Book is permissible for us, and their food means meat slaughtered by them, as stated by Ibn ‘Abbaas and other scholars. So what is implied by this verse is that the food of kaafirs other than the People of the Book is haraam for us. This is the view of all scholars

But if the meat is slaughtered by any other kaafirs, then it is haram for the Muslims and it is not permissible for them to eat it, according to the text and according to scholarly consensus, and it is not sufficient to mention the name of Allah over it when washing it or eating it.

Secondly:

Meat slaughtered by one of the people of the Book (a Jew or a Christian) is permissible subject to two conditions:

1– That the meat be slaughtered as a Muslim does it, but cutting the throat and oesophagus and letting the blood flow. If the animal is killed by strangling or electric shock or drowning in water, its meat is not permissible. Similarly, if a Muslim does that, the meat is not permissible.

2– No name other than that of Allah should be mentioned over it, because Allah says:

“Eat not (O believers) of that (meat) on which Allah’s Name has not been pronounced (at the time of the slaughtering of the animal)”

[al-An’aam6:121]

Thirdly:

With regard to the misunderstanding of some people who allowed eating that meat because of the report that was narrated concerning some Muslim people who were new in Islam, and some of the Sahabah (may Allah be pleased with them) asked the Prophet (blessings and peace of Allah be upon him) about that.

They said: O Messenger of Allah, some people who are new in Islam bring meat to us, and we do not know whether they mentioned the name of Allah over it or not. This was narrated by al-Bukhaari from thehadeeth of ‘Aa’ishah (may Allah be pleased with her).

Thus it is clear that there is no proof for the one who buys meat that comes to the stores and is slaughtered by kaafirs other than the People of the Book and says the name of Allah over it, because thehadeeth narrated from ‘Aa’ishah speaks about Muslims, notkaafirs.

So there is no proof, because the Muslim is to be regarded as sound and righteous so long as nothing is known from him to the contrary. It may be that the Prophet (blessings and peace of Allah be upon him) told those who asked him to say the name of Allah when eating the meat so as to be on the safe side and in order to counter the whispers of the Shaytaan, not because that would make halal the meat slaughtered by them which was haram. And Allah knows best.

Conclusion:

The meat coming from Europe, America and Australia is not all Halal, because many of the slaughterhouses are not slaughtering in the proper shar’iah manner,

They are killing the animal by strangling or electric shock etc, also as I heard from some trusty worthy brothers living in these countries that many workers at these slaughterers are from China,Vietnam and the other countries who are not from the people of Book,

So it is not allowed to eat the meat imported from these countries unless you know clearly that it is Halal, It is essential to pay attention to this matter and warn against carelessness for which there is no reason.

May Allah help the Muslims to do that which is in their best religious and to instil fear of Him.

And Allah knows best.

Mohsen Shaker Bayoumy

Imam of Osaka Ibaraki Mosque

送っていただいた日本語訳です。↓


イマーム様へ

   アッサラーム・アラエクム 

  常日頃お力添えくださいまして心から感謝しております。以下のような質問があります。

 オーストラリア/USAから輸入されたお肉はハラールでしょうか。何人かの友人はCOSTCO(米国のショッピングモール)からこのようなお肉を購入しており、そのお肉はアフル・アル・キターブ(啓典を授けられた民)の国々からきているためハラールであるという理由をあげています。また、そのパッケージには「ハラール」という印がないことは注意すべき点です。

答え

全ての称賛は、全世界の主、唯一神のアッラーのために。私は、アッラーのほかに崇拝の対象はないこと、そして、ムハンマド(彼に平安あれ)がアッラーの使徒と預言者であることを証言します。

1- 非ムスリム国から輸入されたお肉が食べられるか否かに対するファトワー(見解)

第一に

 世界中のイスラーム法学者(以下「学者」という)は、ユダヤ教徒、キリスト教徒、ゾロアスター教徒以外の非ムスリムによって屠殺されたお肉はハラームであることを満場一致で承認している。そして学者たちは、啓典を授けられた民(ユダヤ教徒やキリスト教徒)によって屠殺されたお肉はハラールであることを満場一致で承認している。

これに関する証拠は、聖クルアーンの以下のようなアッラーのお言葉にある。

「今日(清き)良いものがあなたがたに許される。啓典を授けられた民の食べ物は,あなたがたに合法であり,あなたがたの食べ物は,かれらにも合法である。」[アル・マイダ章5:5]

このように、啓典を授けられた民の食べ物は我々にとってハラールであるとアッラーは明確に述べておられる。イブン・アッバスやほかの学者が述べたように、「かれらの食べ物」とは、啓典を授けられた民によって屠殺されたお肉のことである。故に、啓典を授けられた民以外の非ムスリムの食べ物は我々にとってハラームであることが言える。ほかのすべての学者の意見も同じである。

啓典や学者らの総意によると、もし啓典を授けられた民以外の非ムスリムによって屠殺されたお肉であれば、それは、ムスリムにとってハラームであり、食べてはいけないものである。このようなお肉は、洗う時や食べる時にアッラーの御名を唱えても、ハラームのままである。

第二に:

以下の二つの条件のもとで、啓典を授けられた民(ユダヤ教徒やキリスト教徒)によって屠殺されたお肉はハラールである。

1. ムスリムと同じ方法、つまり動物の首と食道を切って血を流させる方法で屠殺されるお肉。もしその動物が、首を絞めるか、電気ショック、溺れさせることで殺されたなら、そのお肉は不合法である。ムスリムがこのような殺し方をしても同じく非合法である。

2.  その動物を屠殺する時アッラーのほかに誰かの名前を言ってはいけない。なぜならば、アッラーは聖クルアーンにおいては以下のように言っておられる。「アッラーの御名が唱えられなかったものを食べてはならない。」(アル・アナーム章、6:121)

第三に:

このようなお肉を食べるのを許す人々は、新しく入信した少数のムスリムについてのある預言者伝を誤解している。何人かのサハバー(彼らにアッラーの御満悦あれ)は預言者(彼に平安あれ)に、新しく入信した少数のムスリムが持ってきていたお肉に関して次のような質問をした、 「預言者様、新しく入信した人々は我々にお肉を持ってきますが、彼らはこれにアッラーの御名を唱えたかどうかわかりません。」 (これは『アル・ブハリー』に記されているアーイシャ(彼女にアッラーの御満悦あれ)が語る預言者伝である)

故に、啓典を授けられた民以外の非ムスリムによって屠殺されたお肉を購入し、食べる時にアッラーの御名を唱えるだけでそれはハラールになるという考え方についての証拠はないことは明確である。なぜならば、上述したアーイシャ(彼女にアッラーの御満悦あれ)が語る預言者伝は非ムスリムではなくムスリムについてのものだからである。

ムスリムはイスラーム法を正しく守るものだと言えるが、非ムスリムの場合はそうとはいえないのは周知のことである。当時、預言者(彼に平安あれ)がお肉を食べる際にアッラーの御名を唱えるように言ったのは、念のため、またサタンのささやきに対抗するためだったと思われる。これはハラームをハラールにするためではなかった

そして、アッラーは全知であり、誰よりもよく知っておられる。

結論:

  欧米やオーストラリアから輸入されているお肉はハラールではない。なぜならば、ほとんどの動物はイスラーム法に正しく従って屠殺されず、首を絞めるか電気ショックで動物や鳥などを殺すのは普通である。そして、このような国々で滞在している信頼できるムスリムから聞いた話だが、畜殺場で働いている人々のほとんどが中国、ベトナムなどの者であり、大多数の者は啓典を授けられた民ではない。

故に、ハラールであることの明確な証明がない限り、このような国々から輸入されているお肉を食べてはいけない。また、このような根拠のないことに対し十分注意しなければならない。

2. 乳化剤に関するファトワ―(見解)

乳化剤の原材料について探るべきである。もしこれは、植物、野菜、牛乳、卵からのものであれば、ハラールと言えるが、動物からだったらハラームである。

注:日本で卵や牛乳も動物性と考えられる場合があるので二重チェックしてください。

そして、アッラーは全知であり、誰よりもよく知っておられる。

モフセン・シャーキル・バイユーミー

大阪茨木モスクのイマーム